ゴマカシと丸投げがお見事(初代 88話)

|2010/6/21(月曜日)-23:51| カテゴリー: 初代
| コメントする

 銃を乱射して服役中の男の資料を見せる南部博士。

088-01.png

 このあとの指令が滅茶苦茶。

あの男から訊きだしてほしいことがある。

あの男は一生無言を守るだろう。生まれながら、口がきけないからだ。

 当然、冷静な突っ込みが。今回はジュン。

ええっ、口もきけない人からどうやって聞き出すのですか。

 まあ当然の疑問だわな。
 ところが、

君達は科学忍者隊だろう、方法は任せる。

 南部博士にもどうやって聞き出すかという妙案は無かったらしく、見事な丸投げっぷり。いくら科学忍者隊でも、口のきけない人を治療するのは無理ですが……。筆談でもしてこいということなんですかね。
 難色を示している諸君を前に、

手がかりはある。あの男は、牢の中に入りたくてわざと罪を犯したのだ。

 手掛かりがあったって男が口きけるようにはならなないでしょうが。全く問題の解決になってないのに、諸君を説得する自信があるのか、もったいつけて机の方に歩いて行く南部博士。触角頭が跳ねてるところをみると、煙に巻く気充分ってところですかねぇ。

088-02.png

 ベルクカッツェと書かれたギャラクターの女隊長の写真やら、その女性の女学生時代の焼け焦げた記録ファイルやらを次々と出してきて、諸君を驚かせます。

088-03.png

 諸君が驚いているのをいいことに、

さて、はっきりしているのは、牢の中にいる男はこの記録と写真を持っていたがためにギャラクターに狙われた。カッツェの正体が女なのか、それとも別に秘密があるのか、どちらにせよ、ギャラクターが追い回しているところからみて、余程重要なものだろう。私があの男から聞き出せと行ったのは、そこだ。

 しれっとした顔↓で諸君に命令。

088-04.png

 目の前の証拠に驚愕している諸君は、「口のきけない人からどうやって聞き出すか」という問題が棚上げになっていることも忘れてそのまま任務に出かけてしまいます。
 さすが年の功というべきか経験の差というべきか、自分に妙案がない時に相手に仕事を押しつけるごまかしっぷりがお見事でした。ジョーの「机に座って指図してるのと実戦とは違いますよ」って文句はむしろこの回で言うべきだったのかもしれません。

 とりあえず、南部博士が周囲をビックリさせるような証拠とか資料とかを出して仕事を頼んできた時は、何か肝心なことを忘れてないか、落ち着いて考えた方が良さそうです。この手を使われて、後ではっと気付いた時にはものすごく大変な仕事を振られていた人達って、南部博士の周辺に何人も居そうな気がします。南部博士の人使いの荒さが垣間見れた回でした。



Recently:


Comments


Name

Email

ウェブサイト

XHTML: 次のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメント

*