真木野聖さんの「コンドルの羽根手裏剣 ホームページ版」で紹介されていた101話のジョーの絵を拝見して、ああさすがにジョーファンだけあってすかさず愛情溢れる一瞬をキャプチャしておられるなあ、と思っていたのですが、ふと。

 ジョーは射撃の名手だが、これは別の意味で凄くないか?、と引っかかりました。

 DVDを引っ張りだし、撃つ直前の絵をキャプチャしてきました。真木野聖さんが編集元に選んだのとほとんど同じシーンです。

101 01

 これから撃とうとして狙いをつけているところです。
 これで本当に狙えるのか?と思ったので、手持ちのエアソフトガンを引っ張り出してきて実際に構えて確かめてみました。
 といっても、ジョーの持っているのと似た形のものは手元に無かったので、東京マルイのL96AWSを使いました。

Aws

 スコープはタスコのTR-X COMMANDERで、低めにマウントしています。L96AWSの方は私の体格に合わせて、ストック部分のスペーサーを1個外してあるので、メーカーの写真のものより若干短くなっています。撃つ時は、ストックの少し上に盛り上がった部分に頬をつけてスコープを見ることになります。
 このスコープなんですが、見る時は視線と光軸方向が一致していないと、視野が切られてしまってまともに見ることができません。また、目との距離が遠すぎても近すぎても、視野が狭くなって見づらくなります。
 一番見やすい位置でアイピースと目の間のおよその距離を測ってみたら、7cm〜8cmといったところでした。他の機種でもまあこんなところでしょう。射撃用のスコープは、双眼鏡のように、接眼レンズのアイピースに目をくっつけるようにして見るものではないのです。エアガン程度なら問題ないのですが、火薬を使う銃でスコープを目にくっつけて使ったら、撃った後の反動でスコープが目にぶつかって怪我をしそうです。

 上のキャプチャ画像に、スコープの光軸の線を入れてみました。

101 02

 スコープの中心の線とジョーの視線がきっちり一致しています。これなら狙えそうです。さすがジョー……と思ったのですが、ちょっと待て。

 ヘルメットのバイザー越しにこの位置では構えられないんじゃないのか?

 横から見た図はこれでよくても、他のシーンを見た限り、ヘルメットのバイザーは中央がかなり膨らんだ上、前方に飛び出しています。この状態で、丁度良い位置でスコープを真っ直ぐ見るのって至難の業じゃないでしょうか(汗)。どう見てもバイザーとスコープのアイピースが干渉します。冬のワンフェスで健のヘルメットを見てきて、バイザーの飛び出し具合がかなり嵩高いこともわかりました。忍者隊のヘルメットを被って射撃のために照準器やスコープを見るというのはかなり無理があります。
 ぎりぎりで何とか構えられたとしても、スコープとバイザーは多分接触している状態でしょう。引き金を引くと、リコイルのために、銃が勢いよく後退しスコープがバイザーに激突するのが確実です。何回も撃ってたらそのうちどっちか弱い方が壊れそうです。

 つくづく、射撃には不向きなバイザーです。

 こんなものをかぶって精密射撃ができるのだから、やっぱりジョーは射撃の天才なんだなあ、と、妙なところで関心したり呆れたり。

 諸君の中で、一番スコープを見やすい形なのは、竜のヘルメットですね。飛び出していなくて顔の上から下にほぼ真っ直ぐ降りていますから、射撃には楽です。

 鳥にこだわる余り、ジョーがかなり無茶する結果になっているわけですが、南部博士がそのへんどう考えているのか問い詰めてみたい気もします。



Recently:


Comments


このエントリーは 2013/4/12(金曜日)-01:58 に、カテゴリー 初代に投稿されました。 RSS 2.0 feedを用いて応答を追跡できます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

5 個のコメントがあります


  1. minako(真木野聖) on 2013/4/13(土曜日) 08:39

    おはようございます。
    ネタにして戴いて有難うございます。
    確かに私も考えていた部分ではあります。
    それよりG-2号機のコックピットはどうなっているの?と思ったのも事実です。
    閉まっているように見えるんですが……。(^_^;

    でも、さすが裕川さん、目の付け所が違いますね。
    細かく交渉して戴き、興味深く拝見しました。
    ちゃんと目線を合わせている辺り、さすがに芸の細かいタツノコさんだと思いましたが、確かにバイザーは射撃には邪魔!です。(笑)

    だからエアガンは眼で照準を合わせない方式にしたのでしょうかね?

    それにしても銃についてとてもお詳しいので驚きました。(^-^)
    楽しく拝読しました。
    有難うございました!

  2. minako(真木野聖) on 2013/4/13(土曜日) 13:16

    ◆追伸◆

    こんにちは。
    折角取り扱って戴いたのに、TOP画像を変更してしまいました。
    でも、『top pictures』には前の物を残してあります。m(_ _)m

  3. 裕川涼 on 2013/4/14(日曜日) 00:05

    minakoさん、

     確かにコックピットも謎ですね。下の方だけ隙間があくようにでもなってたのかしら。
     ジョーのエアガンだと、照準を見ることができれば狙えますよね。でも、後ろ狙ったり器用なことしてたみたいですけど。

     新しいトップ画像も拝見しました。落ち着いた感じのかっこいいジョーですね。
     

  4. 南部響子 on 2013/4/14(日曜日) 23:27

    こんばんは

    私は詳しくわかりませんが、銃を構えたジョーを正面からとらえたシーンもあったと思いますので見てみてください

    G-2号機、窓が開くようになていたか「邪魔だ」とばかりに叩き割ったかですね

    そういえば両目を開けて撃っていることもあったなぁ・・

    理にかなわなくてもかっこよければいいんです♪
    タツノコのアニメってそういうのが多いですから気にしません
    みなしごハッチなんて蜂なのに手足が4本しかないですから(苦笑)

  5. 裕川涼 on 2013/4/18(木曜日) 00:05

    南部響子さん、

     窓、開くようになってましたか。確認してみます。

     細かいツッコミですが、ジョーが両目を開けているならそれは正しいです。射撃競技の選手も、ほとんどの人が両目を開けて照準してます。ただ、一方の目は特に何も見ていない状態です。でも、閉じてはいません。
     片目を閉じて照準すると目が疲れて視力が低下するので、両目をあけておく方がいいんです。
     多分、タツノコのスタッフに、このことを知っている人が居たんじゃないでしょうかね。

     実際、私がおうちでエアガン構える時、スコープ越しに的を見ていても、両目開けてますよ。その方が疲れないで数撃てるんですよ。

Name

Email

ウェブサイト

XHTML: 次のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメント

*