実写映画化ですと

|2012/10/12(金曜日)-11:01| カテゴリー: 雑記
| 6 個のコメント

毎日新聞の記事より。

ガッチャマン:最新技術で実写映画化!桃李&剛力ら豪華共演
2012年10月12日

 1972年から放送された人気ヒーローアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」が実写映画化され、来夏公開される。

 “大鷲の健”役の松坂桃李(23)をはじめ、綾野剛(30)、剛力彩芽(20)ら豪華メンバーが集結。「ごくせん」の佐藤東弥監督(53)がメガホンを取る。国内外で評価の高いVFX(視覚効果)チーム「白組」なども加わり、日本映画の総力を挙げた本格SFアクション映画となる。

 アニメ版の「科学忍者隊ガッチャマン」(フジテレビ)は少年少女5人の“科学忍者隊”が、悪の組織「ギャラクター」と戦う近未来の物語。リアルなSF設定と、公害や戦争などシリアスなテーマから幅広い年齢層に支持された。72〜74年の第1シリーズに続き、78〜79年、79〜80年に続編を放送。アメリカなど海外でも高い人気を得た。

 今作の題名は「ガッチャマン」で20XX年の東京が舞台。15日にクランクインする。松坂が主役の熱血リーダー「大鷲の健」、綾野がクールでニヒルな「コンドルのジョー」、剛力が紅一点の「白鳥(しらとり)のジュン」役。「みみずくの竜」に鈴木亮平(29)、「燕(つばくろ)の甚平」に濱田龍臣(12)が演じる。松坂は俳優デビュー作の09年「侍戦隊シンケンジャー」(テレビ朝日)以来のヒーロー作品に「身震いするくらい楽しみ。戦隊出身で、レッドを務めた経験を生かし新しいヒーロー像をつくりたい」。綾野もデビューは03年「仮面ライダー555」(同)の怪人役で「自身に潜む獣と戦い、コンドルのジョーを演じたい」と意気込む。アクション初挑戦の剛力も「格好良く新しいジュンを見せたい」と燃えている。

 スタッフも豪華で「ALWAYS」シリーズで昭和の東京をリアルに再現した「白組」がVFXを担当。アクションはハリウッドで指導経験のある小池達朗氏が手掛け、キャラクターとメカのデザインにも日本を代表する人材が集まった。科学忍者隊の衣装や巨大メカも、より現代風でスタイリッシュになる。

 アニメを手掛けたタツノコプロの50周年、今作を製作する日活100周年を記念した作品。今年公開の米ヒーロー映画「アベンジャーズ」が歴史的ヒットを記録しており、佐藤監督は「ヒーローが最新のCG、特撮技術で駆け回る姿に興奮し、日本でもそんな映画が作りたいと考えていた」と、アメコミ実写映画を超えるヒーロー映画を目指している。

≪09年には「ヤッターマン」≫実写映画化された“タツノコアニメ”では09年「ヤッターマン」が有名。嵐の櫻井翔(30)と福田沙紀(22)の2人がヤッターマンを演じ、敵役ドロンジョの深田恭子(29)がセクシーなボンデージ衣装で話題を呼んだ。伊勢谷友介(36)が主演した04年「CASSHERN」は宇多田ヒカル(29)が主題歌を担当し、監督を当時夫の紀里谷和明氏(44)が務めた。(スポニチ)

 戦隊物のフォーマットで映画クォリティと思えばいいのか。
 それはともかく南部博士の存在がスルーされているのが悲しい。CGのアフロヘアは論外としても、せめて原作のイメージを崩さない配役を望みたいところ。



Recently:


Comments


このエントリーは 2012/10/12(金曜日)-11:01 に、カテゴリー 雑記に投稿されました。 RSS 2.0 feedを用いて応答を追跡できます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

6 個のコメントがあります


  1. 島村 on 2012/11/3(土曜日) 03:34

    ちょ、ちょ、何ですって━━━━!!

    知らなかった━━━━!!
    (すみません、ゆるいファンなもんで)

    ちょっと待って!

    NTTのCMのクオリティは望めないんですか?!

    南部博士の存在がスルー???

    有り得ない━━━━!!

    博士無しに誰が忍者隊を誕生させるんだ(怒)

    許せませんっ!

    でもОVAバージョンみたいだったら困る・・・。

    この件については
    続報を追わねばなりませんね・・ううむ。

    アンダーソン長官、
    選りぬきのエージェントを派遣して
    最優先事項で調査に入ってください!

  2. 裕川涼 on 2012/11/15(木曜日) 00:24

    島村さん、

     そうなんですよ〜重要人物なのになぜか博士の扱いが軽いんですぅ〜。
     コンビニフィギュアとかも、赤パパとカッツェ様はあっさりラインナップに入るのに、博士が入ったのって少なかったり、レアもの扱いされてたり。

     OVAバージョンの南部博士も脱力ものでしたが、CG版でもアフロヘアにされてたりで、何か映像化の度に博士受難ですよ。

     オリジナルの博士でお願いしたいですね。

  3. minako(真木野聖) on 2013/2/23(土曜日) 10:32

    はじめまして。
    昨夜は某所のチャットでお話をさせて戴きまして有難うございました。
    ガッチャ界では新参者です。m(_ _)m
    お教え戴いたホームページも拝見し、そう言えば兜甲児くんのファンだったな~なんて思い出しました。
    そう、Zが好きだったんです。
    だからグレートとかグレンダイザーとか、より強い物が出て来ると、哀しくて……。
    そんなんで段々と卒業して行きました。(笑)

    こちらのブログは南部博士専用との事なので、違う話題を書いてしまってすみません。
    渋くて素敵なおじさま南部博士。
    スタイリッシュでかっこいいですよね~。
    実際にいらしたら惚れますよね。
    解ります。

    あの~、勝手なお願いではございますが、拙ブログからこちらのブログへリンクをさせて戴いても宜しいでしょうか?
    ジャンル違い(こちらはファンフィク)なので、ご迷惑でなければ、ですけど。

    それではまたお邪魔させて戴きます。
    本当に昨夜は楽しかったです。
    有難うございました。

  4. 裕川涼 on 2013/2/23(土曜日) 22:04

    minakoさん、

     こんにちは。昨日は楽しいひとときでした。
     リンクしていただけるのは大変うれしいことです。よろしくお願いします。私の方でもリンクさせてください。

     もとはジョーファンのはずだったのに、DVDを買って見直したあたりから何となく、で、Fの話をきいて南部博士に転んでそのまま今に至っております。私もフィクはいくつか書いていますので、このサイトのトップ画像下のファンフィク一覧をつついてみてください。

     甲児君のファンですか……。確かに、グレートやグレンで弱くなったように見えたかも知れませんが、グレートの最後は甲児君が居なかったら勝てなかったし、グレンの方は、前半は自分で作った円盤で飛ぶという、将来の兜博士に向かって歩んでいる姿が見て取れるわけで、それはそれで魅力的だと思いますよ。

  5. minako(真木野聖) on 2013/2/24(日曜日) 09:08

    おはようございます。
    仕事中にちょっとお邪魔。(在宅ワークです)
    リンクのご許可を有難うございました。
    後程作業させて戴きます。
    今後共宜しくお願い致します。

    実はこちらには何度か検索でお邪魔していました。
    切り口が面白くて拝読させて戴いておりました。

    兜くんの事については、今観たら違う見方が出来るかもしれません。
    あの頃は子供だったので、何か嫌だったんですよね。
    彼より強い人物が出て来る事が…。(笑)

  6. 裕川涼 on 2013/2/27(水曜日) 22:39

    minakoさん

    ちょっとばたばたしていて作業が遅れましたが、先ほどリンクさせていただきました。

    大人になってもう一度見れば、子供の頃とは違った発見ができるのかもしれません。ガッチャマンの南部博士、子供の頃に見ていた時は単に説教癖のある口うるさい学校の先生みたいだと思っていて、ジョーファンだったのですが、大人になってDVD見直して結構面白いととかかわいいと思うようになりましたもの……。

Name

Email

ウェブサイト

XHTML: 次のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメント

*