初代98話。最終回に向けてジョーの体調不良が語られ始める回です。
 合体に遅れた後、ブリーフィングにも遅れて来たジョーと南部博士のやりとり。

南部「いや、理由の如何に関わらず任務を怠ることは許せない。一人の油断が全員の死につながるからだ」
ジョー「俺が居てもいなくても、危ねぇときは危ねぇのさ」
南部「何ぃ?」

 南部博士、思いっきり不機嫌に。

098-01.png

 そんなことにはおかまいなしのジョーの言葉。

反対に勝てる時は俺一人でも勝てる。机に座って指図してるのと実戦とは違いますよ。

 うわー、ジョー言っちゃったよジョー……。
 南部博士の指図は役立たないと……。案の定、

そうか、私の指図は要らないようだな。それならジョー、今度の任務は君一人にやってもらおうか。

098-02.png

 博士、席を立って部屋を出てってしまいます。
 もっとも、博士の方は、ジョーに、メッケルを更生させることをきっかけにして成長してほしいと願っていました。ジョーひとりに対処させるように言ってはいますが、ジョーを見捨てたわけではなくて、実際にはジョーのことを心配しています。

 でもそれだけで済むはずがありません。諸君を送り出した後、あからさまに態度には出さなかったけれども、それは精神力で抑えていただけで、いつだって実際にはかなり気をもんだり心配したりしていたはずです。なのに、指揮官と現場との距離を指摘されてしまった。諸君とは違って、この手のプライドを傷つける発言、南部博士は延々覚えているはずです(たぶん)。ジョーを心配しているということと、さしあたり埋めようがない部分を思い切り突っ込まれたというのは、また別の話です。南部博士、傷ついたよきっと……。それでも、大人の指揮官だけあって、いじけたり拗ねたりはしなかったけど。

 本当にもうまったく、博士に何てこと言っちゃったんだよ、ジョー。

 そんなこと言うから……そんなこと言うから……。

 後でこんなこと↓に(爆)(F37話)。

F37-01.png

 通路をやってくるギャラクター兵士を倒しまくりです。

F37-02.png

 弾切れしちゃったタイミングで、下からは白兵戦専門のレスラーコマンドが。それでもひるまず、さんざん撃ちまくって熱くなった銃身をレスラーコマンドに叩きつけます。

F37-06.png

 握ってひるんだ隙に体当たりして階段の下へ突き落とします。身長3メートル以上、捕まったら最後3秒で首の骨へし折られそうな怪力自慢の相手と正面から格闘戦ですよ……。体格差も体重差も物ともしないで突撃してます。しかもこの体当たり、かなり敏捷です。

F37-03.png

 後ろから狙われながら階段を一気に駆け上がる。

F37-04.png

 ジュンからもらった手榴弾のピンを口で引きぬいて、階下の兵士を吹き飛ばします。

F37-05.png

 南部博士(現ISO長官)、実戦しまくりというかむしろ大暴れですよ……。

 ジョー、昔に言ったことはとっくに忘れてるんじゃないかと思いますけど……。
 机に座って指図だけしてるなどと南部博士をバカにしてたらとんでもないことになります。最前線に出てきても立派に戦力ですよ南部博士は。このあと弾切れで屋上に逃れたけど、十分な武器弾薬を持たせたらどれだけ相手に損害を与えていたことか。
 とりあえず、前言撤回した方が良いかと思います>ジョー。



Recently:


Comments


このエントリーは 2010/6/19(土曜日)-00:06 に、カテゴリー F, 初代に投稿されました。 RSS 2.0 feedを用いて応答を追跡できます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

4 個のコメントがあります


  1. ゆかり on 2010/6/19(土曜日) 02:51

    ジョーのあの「机に座って」云々発言が、南部博士をこうも変えてしまったのか・・・(違)

    しかも、強いじゃないですか博士(驚)

    本編しか知らない人が見たらビックリですよ!

  2. 裕川涼 on 2010/6/19(土曜日) 03:28

    ゆかりさん、

     でも、案外ジョーの発言が原因かもしれないと……。

     初代が終わった後で、ジョーは戻って来なかった。南部博士だって、ジョーは死んだと思ってましたよね。博士もたぶんいろいろ考えたんですよ。
     そういえば自分は指揮だけとってて実戦でジョーを失ったのだとしみじみ思い、そうするとジョーが言ってたことを思い出し、夜な夜な「ジョー……」とつぶやきながら国連軍の射撃訓練場で撃ちまくりだったりしそうな気が。「もう、机の前で指図だけとかいわせないから戻って来い、ジョー!」と叫んでたりして……。
     IIが始まってからはGタウンに詰めてましたが、初代とIIの間は3年ありましたからねぇ。Gタウンや新Gメカの開発をやりながら、模擬戦闘に明け暮れていたのかも。それに、体を使いまくっておかないとジョーのことが思い出されて寝付けなかったりとか、ありそうな気もします。

     私が南部博士に転んだのって、この回とか、洗脳された回とかで、銃撃戦してる博士を見たからだったりします^^;)。文武両道カッコヨス……。

  3. 南部響子 on 2010/6/19(土曜日) 18:31

    もう、ジョーったら「机に座る」なんて失礼ですよね。
    博士は上品な紳士なのですから、そんなことはしませんわ。
    ちゃんと椅子に座って机の前で指図しています!
    めまいがして苦しいのはわかるけどさ、日本語は正しく使いましょうね、ジョー。

    だから後から(F23)「ジョーはサイボーグだっ。」とか言われて博士に撃たれちゃうのよ~。(違っ)

    博士の言葉で#103の「ジョー。お前って奴は…。」と同じくらい「ジョーのあの反抗的な態度は今に始まった事ではない…。」が好きです。
    この二人の10年間がどんなものだったかがわかる気がします。

  4. 裕川涼 on 2010/6/19(土曜日) 22:10

    南部響子さん、

     机に腰かける博士は出てなかったと思いますが、問題のF23話では、机というか、テーブルを飛び越えた後立てて盾にしてましたねぇ。

     それにしても射撃の腕が良くて素敵です>南部博士。

     健とジョーなら「拳で語り合う」方法がとれるけど、南部博士とジョーだと鉛弾が飛び交いそう(大汗)。

     初代の最後で、南部博士が止めたのに一人で出て行ってしまって殺されるジョー。Fの後半で、宇宙パルスの謎を……と一人で戦闘機の操縦桿を握って鉄獣に飛び込んで捕まった挙げ句に射殺される南部長官。実はこの2人って似た者同士だったのか。それとも、南部博士を見習ってジョーがああなったのか……。

Name

Email

ウェブサイト

XHTML: 次のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメント

*