さらに、68話「粒子鉄獣ミクロサターン」。
 謎の核爆発が起きた後の島に諸君を派遣する南部博士。

 国連軍の飛行機が入っただけで燃えてしまって爆発するような放射能の渦を突っ切らせるにあたって、

いや、ゴッドフェニックスならできる。

とあっさり断言します。放射能はなぜか帯の部分だけだということについても、

データーは信じてほしい。集められた全ての資料を分析したのは、私だ。

と自信満々です。こんな↓ご様子。

068-04.png

 博士何だかかっこいい……。こういう時は頼りになるなぁホントに。
 この作戦は、問題は火の鳥をやった結果燃料が足りなくなることだけだ、と、補給用の調査船(空母)を待機させます。
 一方、三日月基地の場所を突き止めるために、カッツェが南部博士に扮するわけですが……。これがまた親切な指揮官を演じたために逆効果もいいところ(爆)。

ニセ南部「死の街へ君たちを送り込んだのだ。心配になって私もやってきたんだ。君たちの元気な顔を見て安心したよ。さあ、基地に帰ろう」

 準備万端整えて作戦開始した南部博士が、わざわざ出てきてこんな優しい言葉をかけるはずがありません。今回は、諸君のことを(他の作戦に比べて)特に心配もしてないでしょう。自信満々の時の南部君ってのはそういうヤツです。

ニセ南部「うん?う、いやぁ、あの島の調査方法を変えてみなくてはいかんのだ。一度基地へ戻って検討したいんだよ」
ニセ南部「いやぁ、我々だけでなく国際科学技術庁の協力も必要だ。さあ、ゴッドフェニックスで基地に戻ろう」

 「集められた全ての資料を分析したのは、私だ」と言い切って作戦開始した南部博士が、舌の根も乾かないうちにこんなことを平然と言うはずがありません。こういうことを言う羽目になったとしたら、何か相当ひどいしっぺ返しを喰らった後で、プライド傷つきまくりになってるはずです。もし言うならば、眉間に深い縦皺を刻んで拳震わせながら言うはずです。読み切ったと思った予想が外れた時の南部博士って、そりゃもうめちゃくちゃ不機嫌ですよ。南部博士がリベンジの方法を思いつくまでは近くに寄らない方が身のためって感じですから。でもそういうわかりやすいところがかわいい……。
 さすがに、健も、このニセ南部博士の態度を何となく不審がってましたけど。
 カッツェの演じた南部博士、親切過ぎる上に、本物ならば当然こだわるべきところにちっともこだわってないんですよね。ただ、普通の人の基準で見ると、付き合いやすいのはニセ南部博士の方だというのが何とも……(汗)。



Recently:


Comments


このエントリーは 2010/5/24(月曜日)-23:40 に、カテゴリー 初代に投稿されました。 RSS 2.0 feedを用いて応答を追跡できます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

2 個のコメントがあります


  1. ゆかり on 2010/5/26(水曜日) 01:44

    カッツエ様も研究不足ですね。ニセRI隊長に化けたときも健を「ガッチャマン」と呼んで失敗しているというのに・・・。(まぁ、正体知らないから仕方ないか)

    健も燃料が残っているという事実の他に、言葉の端々で気付いたんでしょうけど
    。(余談ですが、うちの物置で使用してる健の画像はこの63話のこのあたりから取りました。)

    しかし、ニセ博士のほうが親切すぎるというのがなんともはや(爆)。
    カッツェ様から見た南部博士ってこういうふうな人物とイメージして演じているのでしょうか。

    どれだけ本物の南部博士が強敵なんでしょうね。

  2. 裕川涼 on 2010/5/26(水曜日) 04:17

    ゆかりさん、

     これがもし、

    「放射能帯の大きさが途中でこれほど変わるとは予想外だった。誰かが操っている可能性もある。対策を考え直さねばならん。それまでは待機だ」

    とか、眉間に皺寄せて拳握って思いっきり不機嫌に言ってれば、誰も怪しまなかったかも。
     強敵というよりも、こだわりのポイントに癖があるんですよ>南部博士。

Name

Email

ウェブサイト

XHTML: 次のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメント

*