077 成功したベルクカッツェ

|2010/6/2(水曜日)-00:12| カテゴリー:
| コメントする

南部「これが問題のドクアール国だ。見ての通り小さな国だ。この国の大統領が、国際科学技術庁を通じて君達に助けを求めてきた。ドクアール国はみんなも知っての通り、ダイヤモンドや金銀などの地下資源の豊富な国だ」

南部「ところが大統領はギャラクターへの援助金を断った。そのために命を狙われているらしいのだ」

南部「これが、その、ドクアール国の大統領だ。」

南部「大統領は左足を少し傷めておられるらしいのだ。とにかくドクアール国がギャラクターの手中に落ちれば、奴等の資金源になる。是非とも、食い止めなきゃあならん」

南部「頼む。諸君の健闘を祈る」



Recently:


Comments


Name

Email

ウェブサイト

XHTML: 次のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメント

*