まんだらけ探索

|2009/12/6(日曜日)-22:07| カテゴリー: ガッチャマン
| コメントする

 本日は中野まんだらけ探索。
 豪ちゃん関連は、真マジンガー関連をオクで狙うことの方がほとんどで、まんだらけ店頭には私が欲しいものは無かった。

 そのかわり、タツノコ関係でいくつかゲット。
 まず、パーフェクトメモワールNo.7のタツノコキャラ特集。ガッチャマンはほとんど出ていないが、他のタツノコアニメを知るには良さそう。あと、USAで展開されたBattle of the Planetsの情報が少しある。

 今回、リアルアクションヒーローズの、Battle of the PlanetsのMarkとJasonを入手。日本版の健とジョーと比べてみた。
 まず、プロポーションは、日本版の方が若干足が長い。長いブーツを履いてなお、太もも部分がしっかり見えていて、アニメのイメージに近い。顔の造形はどちらも同じだが、日本版の方が若干赤味をおびていて、USA版の方は白っぽい。アニメ通りのイメージなのは、日本版の素体を使った方である。
 健についていえば、ヘルメットのバイザーの色が、日本版の方が緑がかっていて薄いので顔が見やすい。頭の後ろの突起は、日本版は自分で取り付けることになっているが、USA版は最初から取り付け済み(その分だけパッケージが大きい)。スーツの密着具合は日本版の方がぴったりしている。健の日本版のスーツは、塗料貼り付きで剥がれないので、日本版の方が良さそう。しかし、マントについては、日本版は塗料の貼り付きがあったり、ぼろぼろ剥がれてきてどうしようもない。別に作って付け替えるしかなさそう。メッシュのような薄い布に塗料を塗って固めているため、首の部分の青いところもマントの白色も時間が経つと粉になって剥がれてくる。ブーメランは、日本版は開いている状態と閉じている状態を差し替えで実現、カラーリングはアニメと同じ。US版は、開いている状態と閉じている状態の2種類が付属。日本版のボディとスーツにUSA版のマントだと良かったような。
 ジョーについて。日本版のスーツはイメージ通りぴったりなのだけど、やはり塗料が貼り付いて剥がれやすい。マントも、健と同じで、塗料が剥がれやすい。プロポーションも健と同じ。USA版のジョーのスーツは、布に塗料を塗ってるのではなく、最初から設定の色のスーツを使っている。スーツとマントをUSA版と入れ替えて、プロポーションの方は日本版で、なら良かったのに……。ヘルメットは微妙だがUSA版の方が少し色が薄い。
 ということで、一長一短あるなあ、と。結局、長持ちさせるには、スーツとマントは作り直しを考えるしかないのかも。有料でいいから、作り直したスーツとマントを出して欲しい>メディコムトイさん。

 珍しいものとしては、アクションボーイシリーズの健とジョーとジュンが、まんだらけ2Fの店頭に出ていた。昔、ジョーを持ってたのでじっくり見てきた。確かにこんなのだった……。でも、あの頃のフィギュアって、子供向けのは、顔が全部えらく可愛い感じにされてしまっていて、アニメとは似ても似つかない……。また、健とジョーにはマントが無かった。確かこのシリーズのマントは、ハトメだかスナップだかで止める方式で、材料がビニールみたいなのだったから、遊んでいるうちに穴が拡がって外れたり破れたりしやすかったはず。だから、残ってないのだろうなぁ。



 参加してきました。いろんな方と情報交換でき、大変楽しい一時でした。
手に入れた品は次の通り。
・豪先生がヨルダン訪問の時のポスター(直筆サイン入り)
・豪先生がアラブ(エジプト、ヨルダン、ドバイ)訪問の時のイベントパンフレット(実物、アラビア語と英語併記)
・豪先生がアラブ(エジプト、ヨルダン、ドバイ)訪問の時のパンフレットコピー(英語、アラビア語併記、2種類)

 あと、豪先生のアラブ(エジプト、ヨルダン、ドバイ)訪問をトップで報じる現地語新聞をイケダさんより拝借中なので、そのうちスキャンしてみんなが見れるようにするつもりです。

 ジュンコさんが会場で配った点取り占いおみくじを引いたら、神様に祈りましょうと出たので、豪ちゃんに手を合わせておきました。

 豪ちゃんの話が興味深かったです。「けっこう仮面」はイスラム圏ではさすがに話題にしてはまずいだろうと思って、描いたことそのものを知らん振りしていたら、ドバイで会った人が「日本の実写版を入手して学校に持っていったらヒーローになった」そうで。いいのか、おい(汗)。デビルマンもまずいかと思っていたら「コーランの中に似た人が登場するので、作者はコーランをよく研究している人だと思っていた」そうで全く問題無かったと。
 コーランは一度ちゃんと読んでみないといけないらしい。



 Reeさんのところで「ほんとはね、宇門パパと南部くんのバトルを書いてたわけ。宇門パパなんて南部くんに「イン○テン○」と叫んでいた。がしかし、余りに品がなかったので 止めました(笑) 真面目なバトルは 裕川氏にお願いしましょう。」というコメントが。何となくお題出された感があったので、Reeさんの最終回のパラレルで、この伏せ字の台詞有りで、真面目な展開というのをやってみようかと……。ということで、最終回までの流れはReeさんの方で見ていただいて、最終回の途中から分岐するという、まあ、ノベルゲームみたいなイメージで読んでいただければと。こういう状況なので、最初はReeさんの書かれた部分を丸ごと戴いて続けてみます。

続きを読む……



 Reeさんが書いているフィク(たくさんあるので、最終回へのリンク)の応援企画として作った、グレンダイザー&ガッチャマンコラボフィクです。私の普段の作風からはちょいと外れてます。また、純粋なグレンファンと純粋なガッチャマンファンの両方から快く思われないかもしれません(汗)。コラボにご理解のある方のみご覧下さい。しかし、初代の方と同期させたから、Reeさんのところの宇宙パルスネタとは時期が合わない……まあ、ガッチャマンは現実世界の通りに時間が進んでいる世界じゃないから、その辺は気にしないってことで。

続きを読む……



「博士語」を越えて

|2009/11/27(金曜日)-03:24| カテゴリー: 創作
| 2 個のコメント

 ファンフィクを書きつつ、上原氏のシナリオも読みつつ、ふと思い立ってこんな本を読んでる。
book1.jpg

book2.jpg
 アニメや漫画に登場する「博士」の「……じゃ」「……してくれたまえ」のような「役割語」のルーツや機能についての考察。現実にこの話し方をする学者は居ないので、これは「ヴァーチャル日本語」である。
 これを話すことになるキャラクターはステレオタイプとして理解される、あくまでも「脇役」で、物語の中では「助言者」「影」「トリックスター」の役割を振られる。このステレオタイプからはずれた脇役を出すときは、しっかり描写しないといけない……らしい。
 ガッチャマンの1話を見直してみたら、南部博士の登場シーンを見ると、ステレオタイプではあるがケレン味のある登場のしかたをしている。いきなり出てきて見得を切ってるというか。一方、グレンダイザーの1話の宇門博士は、まあオーソドックスな「助言者」演出の範囲に止まっているように見える。
 うまく言えないのだけど、私が見ていて「博士」に萌えを感じる瞬間とは、ステレオタイプから外れたシーンを見た時なのかなぁ。割り当てられた脇役の範囲を超えてキャラが立ち上がってくることを感じた時に、もう少し突っ込んだ背景やらあれこれを考えたい、と思ってしまうみたい。
 きっちり描写するつもりなら、無理にステレオタイプな描写はしなくていいというか、むしろしない方がいいんだろうな。ファンフィクだと、脇役を主役に持ってきたストーリー展開なんて普通にやってるわけだし。逆に、元々「役割語」ですり込まれた強烈なイメージをぶち破るだけの描写をしないと、脇キャラの博士を主役に持ってくるのは難しいのかな、とも思ったり。
 ってことで、ジョーゼフ・キャンベルの神話論とヴォーグラーのシナリオ製作の本を読み込んでおかないとなぁ。セオリー通りにやるとしても、逸脱するとしても、まずは型を知ってからだし。



ご尊顔(笑)

|2009/11/26(木曜日)-23:13| カテゴリー: ガッチャマン
| 3 個のコメント

 あたるさんのリクエストにお応えして、ボックスフィギュアシリーズの諸君の顔を撮影しました。バイザーが取り外しできるので、外してあります。
 まず、大鷲の健さん。
figure-g1.png
 次に、コンドルのジョーさん。
figure-g2.png
 白鳥のジュンさん。
figure-g3.png
 燕の甚平さん
figure-g4.png
 みみずくの竜さん。
figure-g5.png
 ミニサイズでデフォルメされてるけど、みなさんアニメの設定にかなり忠実に再現されていますね。



ボックスフィギュア

|2009/11/24(火曜日)-20:34| カテゴリー: ガッチャマン
| 6 個のコメント

 Reeさんのところ経由、ゆかりさんに教わって、ガッチャマンのボックスフィギュア買っちゃいました。届いたので眺めてます。忍者隊5人を1セット+南部博士3個。小さいけど、忍者隊の顔の表情、かなりうまく再現されてますね。南部博士1個だけは机の上に出しておくつもりです(←バカ>私)。小さいので場所をとらないのでなかなかgoodです。デフォルメされてるんだけど目の描かれ方がしっかり南部博士で笑いました。南部君かわいいよ南部君……。

【追記】
 Reeさんのリクエストにより写真をアップします。
正面から見るとこんな感じ。手に持っているものは、伸縮する指示棒でしょう。曲がっちゃってますけど(汗)。ってことは、小道具に、地図か図面でも用意しないといけないのかなぁ。
figure01.png

横から見るとこんな感じ。
figure02.png



 「上原正三シナリオ選集」を購入。
上原正三氏は、UFOロボ・グレンダイザーでも多くのシナリオを書いておられる。
 このシナリオ選集は特撮のシナリオがメインで、アニメは少ない。付録DVDにインタビューと、未発表原稿のpdfファイルが入っている。グレンダイザーのシナリオは収録されていないが、グレンダイザーのルーツともいえる「宇宙円盤大戦争」が収録されているのが、グレンファンとしてはオイシイ。
 本の内容は次の通り。

○第1部
オリジナルシナリオ「無風地帯」
「島の記憶」
しみるするぬーが「拜み」
ウルトラQ「OiL S.O.S」
ウルトラQ「化石の城」(準備稿)
レッドマン「怪獣用心棒(仮題)」(準備稿)
ウルトラマン「宇宙侵略基地」
怪獣ブースカ「怪獣兄妹」(準備稿)
ウルトラセブン「300年間の復讐」
ウルトラセブン「人間狩り」(決定稿)
怪奇大作戦「霧の童話」(決定稿)
怪奇大作戦「水棲人間」(決定稿)
怪奇大作戦「かまいたち」(決定稿)
恐怖劇場アンバランス「月下美人屋敷狂い(仮題)」
○第2部
柔道一直線「桜丘No.1」
どんといこうぜ!「急がば回れ」
紅い稲妻「稲妻の少女」(準備稿)
帰ってきたウルトラマン「二大怪獣 東京を襲撃!」(決定稿)
帰ってきたウルトラマン「決戦! 怪獣対マット」(決定稿)
帰ってきたウルトラマン「キミがめざす遠い星」(決定稿)
ワイルド7「時速200キロ心中」(決定稿)
ロボット刑事「水爆飛行船東京へ!」
スーパーロボット レッドバロン「レッドバロン火星に遭難」
ドロロンえん魔くん「妖怪父ちゃん」
イナズマンF「幻影都市デスパー・シティ」
走れ!ケー100「うるま島発銀河特急便」
ゲッターロボ「悲劇のゲッターQ」
がんばれ!!ロボコン「ギンギラリ!ロビンは星のお姫さま」
「宇宙円盤大戦争」
秘密戦隊ゴレンジャー「黒い超特急! 機関車仮面大暴走」
がんばれ! レッドビッキーズ「生命燃える音」
ジャッカー電撃隊「1ジョーカー!! 完全犯罪の死角」(改訂稿)
○第3部
宇宙海賊キャプテンハーロック「蛍・わかれうた」
スパイダーマン「華麗なる殺人マシーンへの変身」(準備稿)
バトルフィーバーJ「コサック愛に死す」
電子戦隊デンジマン「デンジ星の大悲劇」
燃えろアタック「死なないで! ゆか!!」
それゆけ! レッドビッキーズ「イチャモンとハンカチ」(準備稿)
太陽戦隊サンバルカン「女王最後の妖魔術」
宇宙刑事ギャバン「再会」
宇宙刑事シャリバン「人形は知っている イガ戦士の心の傷を」
宇宙刑事ジェンサー(仮題)「光る目」
北斗の拳「烈火逆流拳! 死すべき奴らが多すぎる!!」
巨獣特捜ジャスピオン「吼える銀河野生児」(準備検討用)
時空戦士スピルバン「女王が歌う悪魔のヘ短調」
○第4部
ウルトラマンティガ「ウルトラの星」(決定稿)
ワンダーQ「ホータル来い(仮題)」
ウルトラQ2001「キジムナー」
ウルトラQ dark fantasy「小町」(決定稿)
「M78星雲の島唄」

 ところどころに解説が入り、巻末に全作品リストが掲載されている。
 特典DVDは、インタビューとpdfファイルが収録されている。pdfファイルの内容は次の通り。

「収録作品解説」
ウルトラセブン ストーリー「スパイナー」
ウルトラセブン シナリオ「星の墓標」
ウルトラセブン 「300年間の復讐」箱書き(大箱)
ウルトラセブン 「300年間の復讐」箱書き(中箱)
ウルトラセブン シナリオ「300年間の復讐」(準備稿 )
ウルトラセブン シナリオ「逃げる死者」
ウルトラセブン 『怪奇大作戦』創作ノート
ウルトラセブン 『怪奇大作戦』創作ノート(見開き)
恐怖劇場アンバランス 未発表シナリオ「朱色の子守唄」
紅い稲妻 創作ノート
紅い稲妻 第1話「燃える手を持つ少女」(決定稿)
紅い稲妻 第2話「悪魔の風」(決定稿)
紅い稲妻 第3話「鬼の挑戦」(決定稿)
ジェットレディ 企画書 生原稿コピー
ウルトラQ倶楽部 未放送「風の咆哮」
ウルトラQ倶楽部 第2話「キジムナー」
ウルトラQ倶楽部 第7話「大怪獣ウカミ」(第3稿)
ウルトラQ倶楽部 第7話「最強・大怪獣ウカミ」(改定稿)
ウルトラQ倶楽部 第13話「怪獣千夜一夜物語(前編)ひとめぼれ」(準備稿)
ウルトラQ倶楽部 第13話「怪獣千夜一夜物語(前編)ひとめぼれ」(決定稿)
ウルトラQ倶楽部 第14話「怪獣千夜一夜物語(後編)1500万人の餌」(決定稿)

 本の最後のページに「活字で利用できない方のためのテキストデータ請求券」がついていた。配慮に感動した。せっかくDVDを出すのだから、全作品をスキャンしてpdf化したものを「上原正三全集」とでも銘打って、紙の本ではなくDVDで販売して欲しいと思うのは、やはり贅沢というものなのだろうか。pdfでもデジタル化してDVD形態なら在庫の管理は楽になるし、オンデマンド出版も楽になる(ほとんどデータをコピーするだけ)から、出版社にとってもリスクは小さいと思うのだけど。