兜十蔵を目指すのも現実には大変らしい

|2011/1/18(火曜日)-20:39| カテゴリー: 雑記
| コメントする

 朝鮮日報にこんなニュースが。職人芸的な才能と、体系だった数学と科学を身に付けることとは別だからなぁ。もうちょっとぬるい学校に行ってれば、のびのびとやれたのかもしれないのに。

【社説】微分積分につまずき崩れた「ロボット王」の夢

 専門系高校(実業高校)出身で、ロボット製作分野での創意力を認められ、筆記試験なしの入学査定官制選抜試験でKAIST(韓国科学技術院)に入学した学生が、1年生の1、2学期に「微分積分」の科目で続けてF(不合格)判定を受けたことを苦にして、自ら命を絶った。チョ・ミンホン君は小学校時代から60回以上もロボットコンテストに出場。2007、08年の国際ロボットオリンピックでは大賞と3等賞を手にした。人文系高校からロボット部がある専門系高校に編入するほど、ロボットに対する夢と情熱が人並み外れていた学生だった。

 KAISTの学生の半分は科学高校出身だ。チョ君のように実業高校に通い、微分積分や科学の科目をしっかり勉強する機会がなかった学生が科学高校出身者のレベルに追い付くのは相当大変なことだ。その上、授業は英語で進められる。

 KAISTは合格者決定後、科学高校出身者以外を対象に数学、科学の実力を補習するためのサイバー講義を行っていた。チョ君もこの講義を受けていた。しかし、数学、科学、英語は、短期間で実力をつけるのは容易ではない。入学前にでも(サイバー講義ではなく)実際に参加する形式の授業で、大学の講義についていくための力をつける機会が与えられるべきだった。KAISTには、数学、科学の実力は劣るが創意性と情熱が際立つチョ君のような特殊英才に対し、個人指導教授や先輩・同級生などのチューターをつけるという方法もあったはずだ。

 チョ君がKAISTに入学すべきだったかどうかも考えてみなくてはならない問題だ。チョ君は理論を通じて発明を進めるスタイルではなく、多くの試行錯誤を経て新たな発明を生み出したエジソン型の英才だ。チョ君のような人が思い切り自分の適性を発揮できる実用技術中心の名門工科大学があったならば、今回のようなことは起こらなかったかもしれない。

 北海道でカムイ・スペース・ワークス(CSW)というロケット開発会社を経営する植松努氏(44)は、中学時代から飛行機について勉強を始め、地方の工業大を卒業した後、自動車修理工場を経営し、2004年から小型ロケットの開発を始めた。植松氏のロケットは、50回以上の発射試験を経て日本の宇宙航空開発研究機構の実験ロケットに選ばれた。

 チョ君の夢が微分積分の単位という重荷に引きずられ断ち切られたということに、胸が詰まるような思いだ。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



あと数時間で今年も終わりですが……

|2010/12/31(金曜日)-19:57| カテゴリー: 雑記
| 6 個のコメント

 コミケに行っていて、先ほど帰宅しました。

 初コミケだったのですが、家露さんのガイドのおかげで楽しく参加できました。ありがとうございました。
 とはいえ、年末の上自宅近辺は積雪のため買い物が不自由なので、正月の用意を東京で買いそろえなければならず、今日はコミケには行きませんでした。餅、子芋、人参、大根、生椎茸なんかを買ってました。わざわざ東京都心で買うものかそれは、と自分ツッコミを入れつつ……。途中でバターを切らしていることに気付いてデパ地下に行ったら凄い人で、バター1個買ってレジに並んで会計まで10分以上待たされました@_@;。

 今年は、何回もオフ会が発生して、普段はネットでしかお話できない皆さんにお会いできたのが何よりの収穫でした。来年もまたよろしくお願いします(と、書いて数時間後には新年挨拶になりそうですが)。



非実在犯罪規制・都条例制定反対

|2010/12/6(月曜日)-18:04| カテゴリー: 雑記
| コメントする

本日催される東京都青少年健全育成条例改正を考える会に千人集まるかが鍵となるそうですが都合上不可能な方はこちら視聴でも一応カウントされるそうです http://live.nicovideo.jp/watch/lv33722346
 この件についてのツイッタータグはこれです→ #hijitsu

 このエントリーを上げた時はイベント前だったので、人数カウントしてましたが、それはもう終わりました(12/6 0:18追記)。
 ニコ動の一般の会員(登録無料)でも、タイムシフト予約をすると視聴できるようです。向こう1週間できると書いてあります。ただしこれは、このイベント直前までです。終了後のタイムシフトは、プレミアム会員しかできないみたいです。つまり、出遅れちゃった人はプレミアム登録するしかない。かなり時間との戦いで人数集めたい状況だったので、慌ててエントリー書いちゃいました。出遅れた方にはちょっとすみませんです。

 コミケで二次BLとかできなくなるかもしれない条例制定への反対運動です。可能なら見て下さい。



豪先生お誕生会

|2010/12/5(日曜日)-02:56| カテゴリー: 雑記
| 8 個のコメント

 永井豪先生のお誕生会に参加してきました。
 永遠の美少年豪先生にお会いできて大変幸せでした。ジュンコさんもいつ見ても変わらずお美しい姿で、女性はかくあるべしという理想を見ました。
 作品を見る・アニメを見る・いろいろ蒐集する・次の作品に期待して待つ、といったことをするのが、豪先生への一番の応援になると思うので、これからも続けていきたいと思います。

 この集まりが無ければ知り合うこともなかったであろう人々と友達になることができました。豪先生には、作品で楽しませていただいた以上に感謝しています。

 この間は、デビルマン対ゲッターロボの単行本を買いました。
 次に出るのは、激マン!の2巻かな。楽しみです。



大介さんフィギュア

|2010/11/17(水曜日)-01:21| カテゴリー: グレンダイザー, 蒐集
| 5 個のコメント

 ヨーロッパ限定販売の大介さんのフィギュアを入手しました。

 パッケージです。

box.png

 箱から出して、ペンタブの上に立ってもらいました。

daisuke01.png

daisuke02.png

daisuke04.png

daisuke05.png

daisuke06.png

daisuke07.png

daisuke08.png

daisuke09.png

 アニメそのままに立体化された精悍な大介さんがすてきです。
 リアルタイムで番組を見ていた頃は、大介さんの大ファンでした(大人になって見直してからは宇門博士に転んじゃいましたけど)。子供向けアニメキャラのフィギュアは似ても似つかないものばっかりだったんですが、こういう設定通りのものが手に入る時代って、本当に幸せです。
 しかし、日本で売ってくれないのが……orz。わざわざ海外のebayで買って何千円も送料払わないと手に入れられない(泣)。そもそも日本のアニメの筈なのに納得いかーん!



も、萌えた……

|2010/11/4(木曜日)-01:14| カテゴリー: その他ロボットアニメ
| 2 個のコメント

 相変わらずダンクーガ見てるわけですが。テレビ本編見終わって、OVAに手をつけてます。
で、何に萌えたかというと、
 ガンドールに萌えた(爆)。

D01.png

 ツノ可愛いよ触角可愛いよ髭可愛いよ頭撫でたいよもう辛抱たまらん……。
 凛々しい横顔が超ステキです。
 技術的限界から180日と3日と稼働時間が決まっているあたりも哀愁を誘ってさらに萌えが倍増。

 「ガンドール砲、発射!」ってか〜。一家に一台ガンドール(違)。

D02.png

 マジ可愛いんで、ガレキとかプラモとか出てないかネット探したんですが、見当たりません(泣)。
 何せ巨大過ぎて、アニメでも全身像がよくわかる形ではなかなか出てこない。特に竜形態の全身像がわかる絵ってほとんどない。ちょっと残念。

 ところで、こっちは、石丸さん演じる葉月博士ですが……どっちかというと好きキャラなんですが済みません私にとって萌え要素は皆無です。

D03.png

 多分、触角もツノも髭も無いからだと思います……。ってそういう基準でいいのか、おい>自分。



 超獣機神ダンクーガはリアルタイムでは見てなくて、スパロボインパクトで知りました。最近、Blue-Rayが出るとかで、DVD-BOXの値段が下がっているので、中古で買って、とりあえずテレビ放映分を全部見ました。

 今見るとなかなか面白くて、終わり方がはっきりしないのがちょっと残念です。放映当時はスーパーロボットが飽和状態になった後で、しかもリアルロボ路線のガンダム全盛の時期にぶつかったので、異星人侵略物のスーパーロボットはいろいろ苦しかっただろうと思います。逆に、ガンダムシリーズが一種の定常状態になってしまった今の時代なら、逆の目新しさを感じる人も居るかもしれないと思いました。

 それはともかく、指揮官(正確には副官、後に指揮官)役の葉月博士役を石丸博也さんがやっています。資料本を見ると、石丸さんにとっては初めての博士役だったとか。
 石丸さんのイメージは、やはりマジンガーシリーズの甲児君、他の吹き替えだと、ジャッキーチェンの声とか、マクガイバーの声でしょう。ちょっと高めの若々しい声でいつも叫んでいるというイメージがあります。
 ところが、ダンクーガでは博士役を好演しておられました。甲児君のイメージ完全払拭の演技、なかなか興味深いものがありました。
 ところで、魔神全書によると、没になったマジンガーシリーズの劇場用長編映画の企画にゴッドマジンガーというのがあって(TV放映された同名の番組とは全く別物)、その中では、兜甲児博士が登場する予定だったとありました。もし、中の人つながりで、歳を取って博士になった甲児君の声を石丸さんがやってくれたら、葉月博士のようなイメージになるのかなぁ、などと考えながら台詞をきいていました。



イタリア語の歌詞のメモ。

続きを読む……