イタリアのグレンダイザーのポルノコミックのその後の展開です。作中では、このロボットはグレンダイザーではなく、KAZONGAと呼ばれているようです。が、わかりやすくするため、この解説では元ネタのネーミングに準じておきます。

K012

 敵ロボは海中に潜んでいます。グレンダイザーは出撃するのですが、大蛸の攻撃を受けて身動きできず。ここで触手系にいくならもっといろんな展開が、と思いきや、この1コマだけであっさり終わってしまいます。

K013

 デュークは失神し、敵ロボ内部らしきところに拉致されます。戦闘服を着ていた筈なのになぜか素っ裸で。敵操縦者からマウス・ツー・マウスで人工呼吸されるという、まあどう見ても男同士のキスシーンがあって、無事に意識を取り戻します。
 しかし、操縦者同士の話し合いは不調に終わります。

K014

 股間のモノさえ無ければごく普通のロボットバトルなんですが……。

K015

 敵ロボの武器の一つ。溶解液です。

K016

 「角度よーし!発射!」
 グレンダイザーの股間のアレはミサイルでした。

K017

 敵ロボットは木端微塵に。こんな技で撃破される敵ロボットの立場って一体……。

K018

 そして、勝利のポーズをかっこよく決めるグレンダイザー……のはずが、股間のミサイルは連発式でなかったらしく、タマだけ残って竿が無い、という、何とも間抜けな姿に。

 この後、デュークはグレンダイザーを湖の隠し場所に戻し、何食わぬ顔で牧場に戻ります。ひかるさんとも話をした後部屋に戻るのですが、全裸になっているところをひかるさんに見られてしまいます。

K019

 そしてポルノとしてはお約束の展開に。っていうか、ポルノって言われたら想像するのはこういうシーンだと思います。ここに至るまでが予想の斜め上のロボット同士のフルチンバトルだったので、人間同士のごく普通のHシーンが出てきてくれてむしろほっとします。
 この後、大介さん、シモの調子が悪くなったらしく病院に駆け込んでますが(爆)。

 しかし、そうしている間にも敵の攻撃が。

K020

 これが2体目の敵ロボット。女性型です。もちろん下半身にはしっかりと割れ目が。

K021

 なかなかお下品なポーズでの攻撃。この後、パイロットは鼻を押さえながら墜落してますから、見たまんまの毒ガス悪臭攻撃のようです。
 当然、グレンダイザーが出撃するのですが、バトルの途中からなぜか誘惑されて……。

K022

 巨大ロボットバトルシーンが巨大ロボットがっちゅんシーンに。

K023

 そして正義は勝つ!
 やっぱりエロの方向が間違ってる気がしますが。

 これで終わりじゃありません。物語はまだ続きます。



Recently:


Comments


このエントリーは 2012/4/1(日曜日)-02:06 に、カテゴリー グレンダイザー, 蒐集に投稿されました。 RSS 2.0 feedを用いて応答を追跡できます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

8 個のコメントがあります


  1. isotta72 on 2012/04/01 06:55

    Oh God!!

    I did not know about this “version” of Grendizer…

    http://docmanhattan.blogspot.it/2011/06/kazonga-il-cugino-zozzo-forte-di.html

    http://docmanhattan.blogspot.it/2011/06/continuavano-chiamarlo-kazonga-parte-ii.html

    :-))

    We don’t give peace to our poor heroes!!!

  2. あたる on 2012/04/02 04:21

    こ・これって…同人誌?!
    商業誌で出てたらこわいです!
    …私も人の事は言えませんが(笑)、いろんな展開にびっくりです!
    しかもロボット同志ってのもあるとは…
    うーん、今後の話しが気になりますね~!

  3. よね on 2012/04/04 23:33

    これって誰が喜ぶんだろう・・・
    どの様な経緯で描かれたのか、知りたいような知りたくないような(^^;)

    続きが楽しみです、いろんな意味で(笑)

  4. 裕川涼 on 2012/04/06 02:09

    Hi Isotta,

    The seller said “this is rare Grendizer porno”. I expected that attractive men and beautiful women, Daisuke, Koji, Hikaru, Maria, Dr.Umon and guest characters, make love.
    This book run counter to my expectation….

  5. 裕川涼 on 2012/04/06 02:10

    あたるさん、

    恐ろしいことにこれ商業出版のようです。このシリーズでいろんなポルノマンガが出ているっぽい。

    ホントにもう、どうしてこうなった、って感想しか出てきませんよ。

  6. 裕川涼 on 2012/04/06 02:12

    よねさん、

    誰得だよ、って思いましたよ中を確認して(爆)。
    あの設定をポルノに変えるのだから、大介とひかるが抱き合ってるのは予想の範囲内ですが、全然関係ないオリキャラが何の脈絡もなくコトに及んでたり、ロボット同士になってみたり、斜め上もいいところですわ。

  7. isotta72 on 2012/04/16 04:10

    Ryo, I can believe it! Did you buy it in a japanese shop? Or on ebay?

  8. 裕川涼 on 2012/04/18 03:33

    Hi, Isotta

    I bought this book from an italian cooperator.
    He always contact me when he get rare grendizer goods.

Name

Email

ウェブサイト

XHTML: 次のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメント

*