ガッチャマンの二次創作

|2009/10/31(土曜日)-17:36| カテゴリー: ガッチャマン, 創作
| 2 個のコメント

 科学忍者隊ガッチャマンの二次創作の短いヤツを勢いで書いてしまったので公開する。まだ文芸資料を整理してないので、おかしなところがあるかもしれない。南部博士本の上ギャグなので、合わないと思う人はスルーでよろしく。
over-spec」からどうぞ。pdf版のみなので、うまくブラウザで見えない場合は右クリックダウンロード(macの場合はcontrol+click)して、手元のAdobe Readerでどうぞ。



Recently:


Comments


このエントリーは 2009/10/31(土曜日)-17:36 に、カテゴリー ガッチャマン, 創作に投稿されました。 RSS 2.0 feedを用いて応答を追跡できます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

2 個のコメントがあります


  1. Ree on 2009/10/31 23:14

    >裕川さん
    きゃはは! 吹き出しましたよ。南部博士そのものですなぁ。
    博士ならば絶対壊れない完璧な製品を生み出すはず……そして食材にも完璧を求める南部博士ならではですね。
    優先度の低い会話ってのが 余計笑えた(笑)
    まぁ出来れば、「ギャザー、ゴッドフェニックス発進せよ」って言って欲しかったな(笑)

    いつの間にやら、ガッチャマンコーナーが出来てるし。。。私より情報通になってるし(^^;)

  2. 裕川涼 on 2009/10/31 23:59

    Reeさん、

     早速見てくださったようでありがとうございます。

    >南部博士そのものですなぁ。

     ありがとうございます。今回、長官と博士の背格好や服装の描写を省いたので、ちゃんと本編の博士と比べて違和感がないようにできているか、というところが気になっていました。今のめり込んで書いている宇門博士とも弓教授ともまるで違うので、それがちゃんと出せているか心配だな、と。ギャグでも、キャラを崩して別人にしてしまうと、何がなんだかわからなくなりますし。

    >まぁ出来れば、「ギャザー、ゴッドフェニックス発進せよ」って言って欲しかったな(笑)

    ……あ、忘れてた(汗)。やっぱりまだ慣れてないなぁ、ガッチャマンの流れに。この台詞を追加して、若干手直ししたバージョンに差し替えたので、そっちをどうぞ。同じリンクからもう一回ダウンロードしていただければ、差し変わってますよ。

     ところで、読みやすさについてはどうでしょう?視点の混乱はできるだけ避けたつもりなんですが、後半は一個所に居る人物が多いため、神視点で描写、但し内面には踏み込まず、で通したんですが……。さっと読んで状況が理解できなければ、二次創作でも小説としては失敗だろうと思っているので、他にも何かありましたらご意見いただけるとありがたいです。

    >いつの間にやら、ガッチャマンコーナーが出来てるし

     いやね、二次を書こうとするとやっぱり資料の山と格闘することになるんですよ。今回のフィクだって、作中では科学技術庁という台詞があるけど、正式には国際科学技術開発機構で、ISOの英文綴りは……と、コロンビアからバラで出たDVDのライナーノーツを1巻から順番に探す羽目になってみたり……。
     資料回りはどこに何が書いてあったかメモしておかないと、わけがわからなくなるんです。

Name

Email

ウェブサイト

XHTML: 次のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメント

*