一応バレンタインフィク

|2010/2/14(日曜日)-23:12| カテゴリー: ガッチャマン, 創作
| 2 個のコメント

 一日遅れたけどバレンタインフィク。
 ガッチャマンの南部博士本。「迷宮にて」。
 チョコレートが届いたって事件になるのが南部君でした。当日から書き始めて終わらず、数時間遅れで完結。ごめんよー。

【追記】
 既に改訂してver.1.1になってしまった……。



Recently:


Comments


このエントリーは 2010/2/14(日曜日)-23:12 に、カテゴリー ガッチャマン, 創作に投稿されました。 RSS 2.0 feedを用いて応答を追跡できます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

2 個のコメントがあります


  1. 家露伊江子 on 2010/02/16 03:07

    こんばんは!
    バレンタインフィク、読ませて頂きました。
    裕川さんの小説は、何て言うかまるで海外ドラマを見ているような雰囲気があります。
    南部博士のコーヒーメーカーの話は、シャーロック・ホームズの冒険みたいな感じで、細部の描写と博士のちょっと人を食った感もある浮世離れした(本人はあまり意識してないところで)キャラクターに味がありますね!
    ラストのセリフもなかなかの余韻を残してスマートです。

    バレンタインの方は、こちらも細かい設定がしっかりしていて、ミステリー仕立ての展開が興味を引き、最後まで飽きさせません。X-ファイルかLAロー(ロスのとある弁護士事務所で活躍する7人の弁護士達のドラマ)みたいです。たぶん大げさでなく乾いた語り口が、国産ドラマ的ウエット感とはひと味違う印象を与えるのだと思います。

    そんな中で発揮される南部博士の自己管理ぶりが徹底しすぎてかなり笑えます。
    これを一日で書き上げてしまうって…超遅筆の私には考えられない!
    BLなしでこれだけ書けるのも大したものです。大変面白い小説らしい小説をありがとうございました!まだ読ませて頂いてる途中のも面白いです。これからも期待してますからもっとどんどんDR.南部の冒険を見せてやって下さい。

    どうぞヨロシクお願いします。

  2. 裕川涼 on 2010/02/16 18:18

    家露さん、

     コメントありがとうございます。楽しんでくださったようで何よりです。コメントをいただくと本当に励みになります。

     BL無しで……はその通りで、どうも私にはBLは書けないみたいなんです。読むのはそれなりに楽しいんですけど。BLをやった方が、読んで下さる方は多いだろうとも思うんですが、無理なものは無理。だからその努力は止めて、違う方向で模索することにしました。

    #BLどころか普通の恋愛も入ってこないなぁ(汗)。字書きとしてはまずいかも。

     特に海外ドラマのファンだというわけでもないんですよねぇ。実は、XファイルもLAローも番組を見た事がありませんし、海外の小説を特に良く読んでいる訳でもない。マイクル・クライトンは好きで、翻訳されたものを読んでましたけど。日本の作家だと、福井晴敏とか笹本裕一とか海堂尊とかが好きなんですけど。でもウェットな感じは無いですねぇ^^;)。

     バレンタインネタで南部博士を主人公に、というのを考えた時、やっぱり、ラブロマンスやほのぼのしているイメージは持てなくて、結局事件にしてしまいました。

     そんなにどんどんアイデアが出てくるわけではないので、数は増えないとは思いますが、じっくり見守ってください。

Name

Email

ウェブサイト

XHTML: 次のタグが使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメント

*